空き家の賃貸が人気のわけ

住宅模型

転勤などでせっかく買った家を長期間空けておかなくてはならないことがあります。その場合は掃除もできず泥棒の被害も心配しなくてはならないなど何かと不便ですが、リロケーションを活用することによってこれらのマイナスをプラスに変えることが可能です。まず、なんと言っても家賃収入を得られるというのは大きなポイントではないでしょうか。空けている家を有効活用しつつお金がもらえて、ローンの返済に充てれば一石二鳥です。また、放ったらかしの家というのは換気が行われないので、湿気により老朽化が進んでしまいます。さらに空き家で最も心配なのは泥棒の被害ですが、誰かしら生活している様子が見られれば、これらのリスクも軽減されるでしょう。このようにリロケーションには様々なメリットのあることが人気の秘密です。

管理会社探しと家の掃除

男女

リロケーションを始めるには、まず仲介する管理会社を決めなくてはなりません。様々な会社がありますので、料金や契約内容などの情報を集めて比較し、自分にあったところを選んでください。中には賃料の無料査定を行っているところもあるので、積極的に活用しましょう。会社が決まったら家の掃除を行います。汚い家だと誰も借りてくれない可能性もありますし、綺麗にしておいた方が家に帰ってきたときに傷や汚れが確認しやすいです。床が壊れていたり、水道の蛇口が緩かったりなど、場合によっては修理やリフォームも検討した方が良いかもしれません。その後、条件を決めて入居者の募集ということにますが、審査はリロケーション会社に任せます。審査の内容は支払能力のほか、傷や汚れが付きやすいということでペットや子どもの有無などもチェックされます。決定したのち家主と入居者の間で契約が結ばれるわけですが、リロケーション会社とも管理契約を締結することになります。

入居者退去後の原状回復

一軒家

リロケーションによって家を貸したときに最も心配なのは傷が付かないかという点です。人が長期間住んで普通に生活していれば、傷のひとつやふたつは付いても仕方がないでしょう。しかし修復不可能な傷や破損、汚れなどがあった場合は、そのまま家を返されても納得のいかないものがあります。そのために子どもやペットのいる家庭は審査が厳しくなるなど、リロケーションの管理会社から敬遠されがちになっているのが現状です。それでも傷などが付いてしまった場合は、管理会社が確認し、原状回復にかかった費用を入居者に請求することになります。管理会社は入居前の物件を写真や映像で記録しているところもありますが、中にはずさんな対応の会社もあるようです。家を綺麗なまま返してもらうためにも、管理会社選びは最後にキチンと対応してくれるかどうかを見極めることが重要です。

広告募集中